助成事業

医学研究活動費助成事業 医学研究活動費
助成事業
2018年度の募集は終了しました
海外留学滞在費助成事業 海外留学滞在費
助成事業
2019年度の募集は終了しました

海外留学滞在費助成事業 概要申請書ダウンロード

(1)内容 長期間の海外留学により研究するための滞在費用に対する助成
(2)応募資格 岡山県内の大学、病院等に所属している全ての医学分野における研究者で2020年3月末までに出発し、6ヶ月以上(出国日から帰国日が180日以上)海外に留学滞在する者。帰国後も岡山県内の大学、病院等に勤務する予定である者
(3)公募方法 岡山県内にある大学、病院等を通じて公募
(4)公募期間 2019年度の募集は終了しました。
(5)助成件数 6件程度
(6)助成金額 500千円 / 件
(7)助成期間 出発から最長12ヶ月以内。1年以上留学の方も最初の12ヶ月に相当する期間の費用に対して助成します。
(8)応募方法 申請書・関係書類に必要事項を記入し、公募期間内に事務局まで送付。

応募の際には、受入先の承諾書または受入に関する主な往復文書・電子メールをそれぞれ添付する。応募時に承諾書がない場合は7月20日までに送付する。
(9)選考方法と選考基準 学識経験者で構成する当財団の選考委員会において、選考基準(※1)に従い厳正かつ公正な選考を行い、8月下旬頃に助成対象者を決定します。
なお、選考結果については、各研究機関に通知いたします。
(10)助成対象者の義務等 ・助成対象者には、義務(※2)が発生します。
・上記の(4)~(6)は、予定のため変更となる場合があります。
・研究機関毎に応募制限をする場合がありますが、ご了承ください。
(11)推薦について 所属機関の代表者の推薦が必要。
推薦者は、所属機関の所属部局(診療科・講座)の教授、チームリーダー等の相当の役職の方(PI, principal investigator)で構いません。
推薦件数は、同一施設同一診療科・講座で1名までとします。



選考基準、及び義務

※1.選考基準 以下の点を考慮の上、総合的に選考を実施します。
  • ・若手(2019年4月1日時点で40歳以下)及び萌芽的なものを優先します。
  • ・研究目的が当財団の趣旨と合致するものであること。
  • ・研究内容の技術的先進性が高いと見込まれるものであること。
  • ・研究計画及び研究手法などが独創的、意欲的であること。
  • ・得られる成果及び与える効果、社会貢献性が大きいと期待できるものであること。
  • ・研究者の意欲、能力及び蓄積が認められること。
※2.義務について 助成対象者には、以下の義務が発生します。
  • ・目的達成のために、最も有効に助成金を活用する。
  • ・助成対象決定者の「氏名」「機関」「部署」「専門」「役職」「留学目的(研究題目)」を当財団のホームページに掲示させていただきます。
  • ・研究の成果について助成期間終了(最長12ヶ月)後、1ヶ月以内に報告書を提出する。複数年留学予定の方も、その時点での研究成果の報告書を提出。
  • ・提出いただいた報告書については、当財団のホームページに掲示させていただきます。



申請書・関係書類

海外留学滞在費助成事業 応募申請書 Zipファイル ダウンロード(23.1KB)
送付先 〒700-0907
岡山市北区下石井1-1-3 日本生命岡山第二ビル

一般財団法人 寺岡記念育英会
海外留学滞在費 助成事業 事務局 担当:西山宛

TEL:086-201-5020
e-mail:info@teraokazaidan.or.jp
URL:http://www.teraokazaidan.or.jp/

※個人情報について : 個人情報は当法人の研究活動費助成事業遂行の範囲内でのみ利用します。(個人情報保護について